カズ整体院営業案内

 北東北唯一の日本炭酸整体協会 認定院 カズ整体院
 青森県唯一の認定コーチ 社団法人 日本ポールウォーキング協会認定アドバンスコーチ取得

 カズ整体院は、利他の心をもって、2012年4月に十和田市にオープンしました。
 2013年10月より炭酸整体を開始いたしました
 2014年5月より炭酸小顔整体を開始いたしました
 そして、カズ整体院は、従来の美・整体(be seitai)のコンセプトに加え、もう一つイメージコンセプトを掲げることとしました。
 2016年 カズ整体院は、健康創造ステーションとして地域社会に貢献いたします。 
 
 整体のみならず、ポールウォーキングを通じた正しい姿勢での歩き方、健康力アップ、無理なく運動でカラダに効くダイエット指導、そしてストレッチ指導等であなたの健康なライフスタイルをコーチさせていただきます。
 
 あなたのコーチ引き受けます。
 
 カズ整体院営業案内
 0176-58-6381
 〒 034-0094
 十和田市西二十二番町 2-6

 営業時間
 Am10:00~pm8:00
 不定休

 ホームページ:カズ整体院
 http://kazuseitai.jp/

 ブログ;青森県十和田市 炭酸整体 カズ整体院
 http://senhor.blog98.fc2.com/

 フェイスブック:カズ整体院
 http://www.facebook.com/kazuseitaiin


 施術(セッション)メニュー及び料金表

1 炭酸整体  5,000円(約60分コース)
2 炭酸小顔整体  3,000円(約30分コース)
3 頭・頸部炭酸ケア  3,000円(約30分コース)
4 観趾法ベースの足ツボ療法  3,000円(約30分コース)
5 クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)   3,000円(約30分コース)

6 セットメニュー
 1炭酸整体と2から5の何れかを組み合わせ
    7,000円(約90分コース)
 1炭酸整体と2から5のうち二つを組み合わせ
   10,000円(約120分コース)
 
 お時間は目安です。
 初回は、10~20分程度、症状をお聞きするお時間をいただきます。
 なお、高校生以下は、1の炭酸整体につき、学割料金3,000円にて施術いたします。
スポンサーサイト

2017.2.8 時代の流れ

 今日は、受験シーズンということもあるので、そういうテーマで書こうかと。

 先日テレビを見ていたら、東京都心部と近畿圏では、中学お受験を見据え、都心の公立小学校に入るために、都心に越してくるんだとな。
 受験のために都心に住むという話は、昔ごく一部の人たちで行われているという話は聞いたことがあったけれど、それがさも当然の如く行われているとな。
 因みに、そのテレビで千葉から引っ越してきた街が人形町だったのには笑ったけれど。

 たしかに、千代田区だけでなく、中央区も日本橋小学校はじめ、有名どころな小学校がいっぱいあるからなぁ。
 親としてはできるだけのことをしてやりたいんだろうけどね。

 しかし、良い学校、良い大学に入ったから、バラ色の人生が広がるというのも幻想かも知れませんよ。
 東京電力とか、東芝とか。
 当代の一流企業たちの行く末は・・・。


 一方で、勉強でなくスポーツで身を立てようとする人々も。
 先般、高校サッカーを制した青森山田高の中学受験をするという関西圏の子の存在を知りまして。

 当然足に覚えアリ。
 サッカー留学先として選択して、ということです。

 高校受験では、全国のサッカー選手が青森山田に集まっているんだろうなという認識はあっても、中学受験先で青森山田中学を関西の子がいるということに少なからず驚きがありました。

 青森山田中というところは、てっきり青森県内やせいぜい秋田岩手あたりの有望な小学生の進学先だろうという認識しかなかったものでして。
 そして、大阪でそれなりに実績のある選手ならば、ユースとかそういうところに入るのであって、Jのチームがない北東北あたりの子たちが入るところだとばかり思っていました。

 たしかに、県中体連で、青森山田中は断トツの存在らしいし、全国でもそ相応の戦績を上げる学校ではあるのですけれど。
 昨年は、その青森山田中とそこそこいい試合をしたのは、三本木中のサッカー部だったという話は、顧問の先生から聞いたことがあるのですが。

 因みに、今年度の三本木中サッカー部は、その後青森第二代表として、東北大会を戦い、青森山田・東北学院中に続く東北第3代表として全中に出場したのですけれどね。

 いましがた、その全中のサッカーサイトを見てきたら、青森山田って3連覇したらしいですね。
 初めて知りました。(゜o゜)


 そりゃ、全国から集まるわな。
 突き抜けた存在になっているのですからね。

 そうなるまでは大変であったろうことは想像に難くないけれど。

 そういうエリートたちがしのぎを削って、サッカーで身を立てようとする子達がいるんですからね。
 中学で一寸うまくって、青森山田以外のところに推薦貰って、入学したとしても、なかなか勝てんよなぁ。

 ま、野球もそうか。
 といいつつ、一昨年の三沢商業みたいなケースもあったりするからなぁ。

 同じ話は、剣道でもあって、全国区なのは、九州学院かな。
 有力選手たちは、中学からも高校からも集まるという。
 他の有名校だってそうですよ。

 水戸葵陵という高校が茨城にありまして。
 ここも剣道界ではかなり有名な学校ですが、茨城というところは、昔から水戸東武館があったり、水戸の全国大会が催されたりと、剣道がとても盛んなところであるが故、この学校はそういう地元の剣道エリートたちが集まるところだと思っていた私でありました。
 さにあらず、ある剣道ブログで香川県の道場出身者たちが越境入学しているということを知りました。
 剣道のプロなんてないわけだけれど、腕に覚えあり君たちが集結するという世界。
 引用するとこういうのが出てくるわけですね。  
 こういう記事もありますね。
 こういう記事も

 ま、自分の認識が足りないといえばそれまでですが。
 こういう怪物君たちが互いに切磋琢磨してな世界だったりすると、普通に「部活」を頑張る世界とか「勉強」を頑張ろうとか文武両道とか。
 時代が違うかもしれませんね。

 何かに特化して、その世界のトップを目指すという。
 
 え?
 自分を含めて普通の人はどうするか?
 普通には普通なりの世界があるもんですよ。
 大多数の人たちは、普通の世界に生きるのですが。

2017.2.19 氷と戦う

 今朝のデーリー東北を見て、初めて知りました。
 八戸の長根公園に新設される屋内スケートリンク場。
 県営の施設だと思ったらさにあらず。

 なんと県がお金は出すけれど、運営主体は、県にあらず。
 市営なんだとさ。

 スケート場の運営費って半端ないですからね。
 現、長根リンクの稼働率だってひどいもんですよ。

 因みに、私子供の頃、冬休みの自由研究の課題として、長根リンクの運営について調べたことがありまして。
 詳細は忘れたけれど、とてもじゃないけれど、市営でなければ運営し続けるのは無理ということだけはよう覚えております。
 とてもじゃないけれど、利用料だけで運営しきれるレベルになかった。

 当時は、それでも子供もたくさんいたし、スケート人口だって、自分を含めてそれなりにいたもんだったにもかかわらずです。

 
 そこにスケート場を持って来ようってんだから。
 屋内のスケート場が日本にないわけでないし。
 長野オリンピックのMウェーブにしたって、そうそう、イベントが開かれるわけでもないし。

 当然にあれほどの規模になるわけはないし。

 
 青森市にある県営のスポーツ施設、弘前の武道館。
 それらに「匹敵する県営施設」が欲しかっただけの八戸市。

 競技人口は、先細るばかりのスケート場だってさ。
 体育館だって老朽化しているのにね。
 公会堂だって、小規模過ぎて、コンサートはみーんな青森市で行われるばかりなのにねぇ。
  

 本当は、サッカースタジアムが理想的だったんでしょうけれど、中途半端なサッカー場を街外れに作っちまったからなぁ。
 
 八戸市出身者なわたしとしては、氷の都八戸が、この先、運営施設を持て余して財布が氷のように冷え切らんことを願うばかりなり。 
 今でも、全国で指折り的に高い市民税を更に値上げすればいいってか。
 んな、ばかな。
 

 こんなマクラを長々と書きましたが、今日も私、氷と戦いました。
 気温低めの朝、昨晩からの積雪は5センチ程度でしたか。
 
 患者さん2人を診た午後1時ぐらいから、スタート。
 当初は気温も低めでなかなか氷がきちんと割れませんでしたが、日が照り出したのと、散水して氷を溶かしつつ砕くという方法が奏功して、ほぼ3時間。

 今日もお隣さんという協力者を得て、かなりの氷を砕きました。 (#⌒∇⌒#)ゞ
 
 本当にお世話になりました。<(_ _)>
 

 因みに、昨日までの氷と戦った私の顛末を少し書くと。

 腰が限界値を超えて歩くのもようやっとの状態。
 これは夜の施術ができんと、速攻で赤沼温泉へ。

 なんとか自分のカラダの「解氷」を終えて、動けるようになったので整体院に戻り、炭酸ミストの塗布&パスタノーゲンの塗布。

 それで夜の患者さんをお迎えしました。


 当然に、夜、帰宅してなお、炭酸タブレットを投入した風呂に浸かりましたけどね。

 お約束通り、泥のように寝た私でありましたが、朝起きると体中が痛い。
 それでも何とか起き上がり、出勤してきたのだけれど、腰の按配がイマイチ。

 おかげで剣道の練習も口先中心(笑)の指導に。
 
 それでも、何とか動けているからまだ良しとしましょうか。

 温泉と炭酸、そしてパスタノーゲンがあるから何とかなっていますが、これらなしでは体が動きません。
 カラダを整える人が何やってんのと言われそうですが、事実そういう状況でありました。


 

2017.2.18 スケートリンクかっ

 昨日アップしようと思ったのだけれど、疲労困憊だったのと、最後の患者さんを見送って、あれこれ片付けものをしていたら、既に22時。
 這う這うの体で帰宅しました。

 というのも、何が大変だったのかというと、当院の駐車場がスケートリンク化しておりまして。
 過去最大級の氷の固まり化となりまして、ですね。
 コロンビア大氷河並みとでも言いましようか。
 コロンビア氷河を見に行ったのは、20年ぐらい前だったかなぁ。

 すでに温暖化で溶けはじめていたっけ。
 ところがこっちのはだんだんと逞しく厚みを帯びてきていましてね。

 一寸太刀打ちできそうもないぐらい成長していたのでした。
 

 それが昨日のアサイチ。
 私、整体院の駐車場でアイススケートリンクのような氷でスリップしてしまい、ちっと自損やらかしてバンパーを一寸ぶっけてしまいました。 ┐('~`;)┌

 自分の車だからまだしも、患者さんの車を方向転換しようとして何かあったら一大事。

 これは何とかせねば。

 午前の患者さんを終えたところで、雨も降って気温も上がることだし、氷を何とかしようと思い立ち、スコップ片手に取り掛かっていると、神がそこに。
 
 お隣の元「三中剣道部主将」君。
 ヘルプしてくれるそうです。 アリガトー (#⌒∇⌒#)ゞ

 厚いところでは10センチオーバーの氷たち。
 一寸やそっとの雨では溶けきりません。
 そして、スコップではなかなか捗りません。

 これは、ツルハシだな、と。

 以前ツルハシで氷を砕いた時、肘を痛めた苦い経験が頭をよぎったものの、ホーマックへ。
 すると、ツルハシ一本1000円で売っていました。
 
 何かあったときは自宅にもあった方がイイかと2本買い求め、整体院に戻り作業に取り掛かりました。

 ためしに、振り下ろすと、気持ちいいぐらい簡単に氷が割れ、レンガのごとき氷の固まりたちが次々にできます。
 
 でも、ちょっとやったただけでどこに問題が出て来たかというと、腰。 ┐('~`;)┌ 
 中腰での作業はもろに腰にキマス。


 それでも夕方までかかって、男2人奮闘しました。
 その成果はこれらの画像で
 こんなにてかてかな氷たちですよ。
 2017021817040000.jpg

 これをこれぐらいまで片づけることに成功しましたが、腰も腕もそして手も。
 限界でした。
 冷えてきましたし。

 1/3ぐらいは片づけられたかな。
 2017021817040001.jpg

 片づけた氷の固まりたちは、積み上げられるところにとりあえず積む、と。
 2017021817050000.jpg

 2017021817040002.jpg


 ところが、昨日は、雨が降るぐらい気温が上がったものの、夜になると大層冷え込んできて、また格好の氷が固まる環境に。
 八戸かよって。(-_-;)

 そして、今日です。
 剣道から戻ってきたら、お隣さんが氷割に勤しんで下さっていました。
 (T_T)

 アリガトゴザイマス
 いつもお世話になっています。

 自分も早速着替えて氷割にかかりましたが、今日は大層冷え込みが厳しく、昨日のように気持ちよく氷たちが割れていってくれません。

 小一時間ほど割って、患者さんたちを迎えました。

 患者さんたちの車の大きさ等々でバックで出ていただいたり、誘導したり等でご迷惑をおかけしていますが、何とかなってます。
 

 でも、常連さんたちからは、それにしても立派な氷だねって、言われてます。 _| ̄|○

 

2017.2.16 替え芯を探せ

 患者さんと話していて、互いに不思議ですよね。
 となったのが、玄関の上の屋根のひさし。
 この向きと勾配です。

 ここは青森雪国です。
 であるのに、どうして玄関の屋根の上から、下にいる人に雪が直撃するかの如く作られているのでしょうか。

 本当に不思議。

 青森県でも八戸とか太平洋側の雪の少ないところはまだしも、ここ十和田は、降るときは降るという隠れ豪雪地帯ですから。
 そして、今日明日と気温が上がれば残雪たちもドサドサ落ちてくるのは必須。
 まぁ、屋根の上で凍った塊が落ちてくるのとは違うからいいけど。

 でも、雪国に適した家づくりってあるはずなのに。
 不思議ですよねという話に意気投合しました。

 今日は、整体とあまり関係ない話を。

 お気に入りの書き味のペンお持ちですか。
 モンブランとかペリカンとか。

 そういう文豪たちが持つような筆記用具じゃございません。
 普通遣いの筆記具です。

 私は、ユニのジェットストリームというボールペンの書き味が気に入っているのですが、もう一つお気に入りがありまして。
 実は、どなたかから頂いたディズニー土産のボールペンでありまして。
 これも書き味に優れていて、重宝していた代物です。
 
 ところが、気に入っているとなると使用頻度が高いもの。
 芯の中のインクが無くなってしまいまして。

 これが、都会ならば、ぺんごと文房具屋さんに持って行って、替え芯を買い求めるところであります。
 

 でも、ここは十和田という田舎町。
 
 昔は、文房具を扱っているお店もそれなりにおったようなのですが、ここのところ取扱店が無くなっていく一方。
 そして、そのペンは、どこかのメーカーものだと思うけれど、どこのメーカーかもわからんときたもんだ。
 
 結局、どこのメーカーのものなのかは、ネットで調べました。
 結構、親切にアップして下さっている方も多いようで。

 ペンテルのゲルインキボールペンでした。

 で、替え芯を買いに行くとなれば、下田のショッピングモールか八戸の文房具屋まで行かねばならないところ。
 でも、替え芯だけを買いに出かけるにはちょっとね。
 

 やっぱり、こういう時のアマゾンです。
 バラ売りもしていたけれど、こういうのを都度買うのは、面倒なので、替え芯の箱買いをしました。

 2017021614050000.jpg
 
 
 ネットで買えるうちはいいけれど、実際にそのものを見ながら買いたい時ってありますからね。
 便利なようで、不便な世の中です。
  

2017.2.15 これが私の信じる道

 これ、羽生君がCMに出ているチョコレート会社が景品で出しているクリアファイルなのですが。
 2017021420470000.jpg

 うちの嫁ちゃんがモテない甥っ子たちにと用意したチョコを受け取りに来て、置いていったもの。(笑)

 フィギィア業界は、次から次に新星が出てきますが、未だに大好きなイチオシは浅田真央だったりする私。
 真央ちゃんガンバレ
 それはさておき、羽生君はというと。
 
 でも、画像では伝わりきらないかもしれませんが、凄く派手なクリアファイルです。

 羽生ファンの患者さん、この記事を見てご予約を。(笑)
 早い者勝ち一名様に三枚セットのクリアファイルを贈呈いたします。ヽ(^o^)丿


 一方で、こちら。
 2017021509060000.jpg

 色々チョコをいただいて幸せ三昧なわたしなのですが、嫁ちゃんがチョコと共に差し入れてくれた和菓子。
 
 嫁ちゃんのところの商品賛歌になりかねないけれど。
 やっぱり、これをお茶と共にいただくと、まいうーであります。
 みやきんの朝紫というお菓子であります。
 
 もちっとした食感と中に入っているお芋の素朴な味はいつ食べてもウマイ。
 おススメであります。ヽ(^o^)丿  
 

 ヨタはこれぐらいにして。
 今日書きたかったのは、これという健康情報の信憑性についてであります。

 世のネットによる情報過多というのは、何を信じていいのか全く分からなくなるもの。
 ネットが普及する前全盛だったのは、健康情報誌。
 ほんとかよ、それって情報が毎月盛りだくさん。

 やりつづけたら毎日何かを替えなくならなきゃならんようになる。
 
 でも、その傾向は、ネット社会になってより顕著になってきたとおもわれます。
 先日もネットで流す嘘情報による健康被害の特集がありましたが、テレビだって本当のことを流し続けているという確証はありませんからね。
 スポンサーがいるんですから。


 こういう治療院業界もそうなんですよね。
 何がいいのか悪いのか。
 ハリ・灸・電気・指圧・カイロ等々

 更には、光線治療、炭酸、酸素カプセル、水素風呂がイイ、水素水、炭酸水がけが防止に効くなんて球団まで出てくるし。


 自分でこれはなかなかと思えるものがいくつか。
 
 体を温めること。
 しんから冷えているのを防ぐのは病気予防にとても効果がある。
 温泉ならなおのことよし。

 口膣環境正常化。
 口の中定期的にケアしていますか。
 かかりつけの歯医者さんありますか。

 カラダを動かして汗をかくこと。
 ポールウォーキングなんて最適ですよね。

 そして、カラダを整えているか。
 はい、カズ整体院が最適です。(笑)

 各々やり方はいろいろあろうかと思われますが、これというものを決めたら継続することが大切です。
 

2017.2.14 人生はチョコレートの箱のようなもの

Life is like a box of chocolates.
You never know what you're gonna get until you open it up.”
「人生はチョコレートの箱のようなもの。 開けて みるまで中身はわからない。」

 フォレストガンプ 大好きな映画の一つです。

 
 でも、トリュフチョコ・そして生チョコという奴ら。
この二つは、開けなくても食べる前から美味しいということがわかっている。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 実際食べたら、とろっととろける食感が。
 今年も先週から患者さんたちにお気遣いしていただいたチョコを食べているのだけれど。
 期待を裏切りません。
今年もありがとうございます。

 あまりに美味くて鼻血が出そうであります。

2017.2.13 カズ整体院のバレンタイン

 先週、金曜日でしたか。
 剣道部員の親御さんがみんなに配ってくれたというぷちぶろうのクッキーを部員の子が整体院まで届けてくれました。

 ぷちぶろうのクッキーは、確かに美味しい。
 食べてしまって、アップを忘れた私でありますが、今年のカズ整体院のバレンタインは、これだと思いつきました。
 よって、昨日仕入れてきました。

 先着10名様限定。

 カズ整体院のバレンタインクッキーです。
 2017021213460000.jpg

 ぷちぶろうのクッキーは、ウマイよね。
 お値段もお安いし。

 十和田市内の道の駅で売っているんだけれど、立ち寄ったときには、必ず買うようにしてます。
 それも応援の一つだべさ。


 話はかわって、先日の天間林の大会の賞品で、お裾分けいただいたアピオスについて、食レポしますかね。
 
 夕方、雪かきのし過ぎで腹が空いてきて(笑)、冷蔵庫に入れていたのを発見。
 
 いろいろ食べ方はあるようですが、ここは整体院なもので、油で揚げるとかはなから無理なので、レンジでチン。を選択。

 軽く塩を振って、試食。
 イイ匂いが立ち込めてます。

 初めて食べましたが、ホクホクしていてとってもおいしい。
 ヤーコン、アピオスとここの所、初めて食べる食材がことごとくおいしいです。

 いずれも頂きものですが。(-_-;)

 そうそう、先日の新聞で天間東小の子たちが育てたアピオスを石巻の被災地に贈るっていう記事が載っていたな。
 石巻の子達も小芋を食べる感覚で食べたらうまいと思うよ。

 さらに、黒にんにくですね。
 これは、三人の男子、これ食って次の大会ガンバレよって、配ったのですが。

 そのせいかどうかは知りませんが、翌週の大間、上北錬成会と奮戦したというから黒にんにく効果あったんですね。

 いただいた黒にんにく、全部食べましたって、笑顔で報告してくれた某君。
 先週半ばからインフルでダウンした模様。(笑)
 ふつう黒にんにくをあれだけ平らげたら、インフル何するものぞとばかり土曜日の鍋山先生の錬成会にも参加できましたってことにならないと困るんだけれど、まあ、そこは。

 早くインフル治さんと、今週末の定期試験に間に合わんぞな。
 
 ということで、剣道部の皆さんは、今週は学生の本分たる勉強頑張りましょう。
 私は、仕事に専念します。
 (#⌒∇⌒#)ゞ
 

2017.2.12 段取りする力の養い方


 昨日、書き忘れたというか肝心なことを書くのを失念していた。
 どうして弁当を作ると、段取り力がつくのかというところです。

 患者さんとこの息子君の何とかせにゃという話に感動してしまって、そっちを書いただけで満足してしまいましたから。
  (#⌒∇⌒#)ゞ

 限られたものでもって、限られたスペースにおかず、ご飯を詰めるという作業。
 これこそ段取り。
 冷蔵庫の中に何があって、自分のスキルからすると何ができるのか。
 
 卵を焼くことはできる、お肉を炒めることができる等々を組み合わせて、お弁当は形になっていくわけです。

 これはお弁当作りに限らず、料理についても言えます。
 冷蔵庫の中に入っているものをあれこれ組み合わせてどういう料理を作るのか。

 ボケ防止に効果的と言われているのが、スーパーでの買い物。
 これだって、冷蔵庫の中に何があって、何が足りないのか。
 料理のメニューとして何を買い揃えればいいのか。

 全て段取り力です。

 
 これ、実はスポーツの世界でもあるわけですね。
 
 例えば野球。
 ピッチャーは、自分の持ち球、決め球のどれをどう投げて相手を打ち取るのか、相手の特徴や癖等を勘案して投げるわけですね。
 内野手だって、キャッチャーのサインで守備位置を変え、アウトカウントや走者の位置を頭に入れて中継プレーをするわけで。
 全て段取り。


 当然に、剣道だってそうです。
 相手の動き、癖、得意技それらが頭に入れながら、自分の戦いをイメージします。
 自分の持ち駒として、どういう技が使えるのか。

 そして、自分の想定し得ない展開になったとき、どう相手を崩して一本を決めるのか。

 瞬時にそれらのことを考えて動くわけですね。
 そして、自分が追いつめられているとき、どうにも打開できないときに、先生から教わった色々を瞬時に思い起こしてそれを使えるのかというのもポイントですね。


 休日、お昼ご飯は自分でおにぎりを握ってもってくることを課している部活もあると聞きます。
 自分のことは自分でする自立する心を育てる目的もあるのでしょうが、お弁当を自分で作ってくることで段取り力を養うということもあります。

 でも、母の味とかおふくろの弁当ってのも捨てがたかったりするのよね。(笑)
 大人になって懐かしかったりさ。

 まぁ、双方捨てがたかったりするけれど、段取りする力というのは必要なことであります。


 最後に昨日の晩に撮った満月画像を。
 IMG_0183.jpg
 
フェイスブックの方は、一寸違うのをアップしています。
 では、みなさん、楽しい日曜日を。
 (#⌒∇⌒#)ゞ
 
 

2017.2.11 段取りつけられますか

 明け方、太もも裏のハムがピキッてなって、痛くてベッドから這って出た。
 太もも裏のストレッチをしながら、窓の上を見たら、見事な満月が西の空に輝いていた。
 煌々として、夜明け前の街を照らす付というのは、とてもきれいだな、と思った。

 腰が悲鳴を上げている理由は、連日の雪かきで腰がヤバくなっているからに他なりません。
 
 ストレッチする我を照らせし満月の 神々しさに足を摩る也。 カズ心の短歌

 あ、満月は、今晩の月でしたね。┐('~`;)┌
 でも、殆ど満月といっていいぐらい完璧な姿でした。
 
 そういう月が出るぐらいだから、朝の十和田は大層冷え込んだ。
 でも、朝から青空が広がって、青空とのコントラストで白い雪を山頂に頂く八甲田の山並みが大層きれいでありました。

 雪国の自分ですら、テレビを見ていて、西日本の大雪は唖然とします。
 こんなのが、もし、十和田に来たら、どうなるんだろうって、思います。
 動けんよね。
 動かれんよね。

 一日好天に恵まれた十和田から言うのもなんですが、くれぐれも不要不急の外出は控えて、家で暖かく過ごすのが一番です。
 

 今日は、十和田の冨士屋ホールにてお弁当を作ることで段取り力が高まるという楽しい講演があったのですが、自分も仕事で行けず、患者さんもうちに整体に来られているので行けずということでしたが、お弁当話でカズ整体院は盛り上がりました。
  (#⌒∇⌒#)ゞ

 患者さんのお子さんたちは、みな、学校に弁当が必要なときは、自分で作って持って行ったと。
 
 エライっ!!


そのきっかけとなったのが、長男が小学生の頃、給食センター移転のため、給食が出ないこととなり、各自お弁当持参となったときのことだそうな。
 その時、患者さんたるお母さんは生憎、長期入院のため、お弁当を作れず。
 
 その時、長男君は、自分で何とかしようと、お弁当箱にいろいろ工夫して詰め込んだんだそうな。
 でも、高学年だったとはいえ、はじめてこさえたお弁当というのがどういうモノになるのか、皆さんご想像がつくでしょう。

 はたして、そのとおり
 見た目は美しくなかったそのお弁当でありましたが、担任の先生は、彼が持参したそのお弁当を見て、「〇×くんは、自分でお弁当を作ってきたの? エライね。」そう褒めてくれたんだそうです。

 そう褒められたら、お弁当を頑張って作るでしょ。
 お弁当を頑張って作り続けた彼は、高校生になっても弁当作りが苦にならず、毎朝せっせと作り続けたそうな。
 時には、母の分も作ってくれたとか。
 その兄を見て、妹、弟たちもせっせとお弁当をこさえて今に至るのだと。

 
 学校の先生の一言ですね。
 もし、先生がけなすようなことを言ったとしたら、彼は一生自分で弁当を作ろうなどとはしなかったでしょう。
 
 褒められたからこそ、ですよね。 
 こういうこと一生忘れんのだよなぁ。


 自分の場合、よく覚えているのは、小学校3・4年の頃だったかな。
 おふくろが仕事で不在の時、夕方近くになり、腹が減った兄弟3人。
 何か食べようということになり、ごはんを皿に盛って、しょうゆで味付けした卵焼き(平べったいのね(笑))を乗っけて卵ライスとか何とか云って作った食べた記憶がある。
 
 腹が減っていたからなんだろうけれど、ウマかった記憶があるんだよなぁ。
 ラーメンを煮て食べるのは、もう少し後のこと。
 料理の原点は、卵ライス(笑)。
 オムライスじゃないの。
 白いご飯の上に乗っけるだけ。


 そうそう、お弁当といえば、とある保育園の先生から聞いた話ですが、給食が手配できず、お弁当を持って来てということとなったとき、子どもたちの持ってきたお弁当の中身ときたら、ものの見事に冷凍食品のオンパレードだったそうな。

 見た目はきれいかも知れないけれど、母の味って覚えているもんですよ。
 
 冷凍食品が母の味じゃあね。┐('~`;)┌
 

 

 

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ようこそ

ぽちっとお願いします<(_ _)>

十和田ネタ満載ブログです

ぽちっと押していただき、アクセスランクが上がると、ブログ更新の励みになります。

プロフィール

セニョちゃん

Author:セニョちゃん
筆舌につくしがたい腰痛、治療、そして整体を学び、それを生業としての整体生活が十和田市で始りました。
地域密着施系のカズ整体院です。
整体に限らず幅広い情報を発信していきます。
どうぞよろしく。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR