FC2ブログ

2018.9.10 我慢と平常心

 新聞記事になるのを待っていられなかったので、フライング気味に耳にした話を書きます。
 三本木中剣道部員で、今夏の県中体連個人ベスト16に入った彼女です。
 英語のスピーチコンテストで一年時から十和田市代表として、上北地区のコンテストに出場してきた彼女なのですが、今年も十和田市代表として、先般行われたコンテストに参加。

 今年は、なんと暗誦の部で、上北代表の座を勝ち取ったという。 (#⌒∇⌒#)ゞ
 顧問の先生が満面の笑みで写る彼女の画像を見せてくださいました。

 葉っぱのフレディの暗誦だそうで、ALTの先生が言われるには、こうした方がイイと指摘した箇所の発音は、直ぐ修正され、きちんとした発音で諳んじると。
 集中力が違うんですな。

 剣道をやっていると、こうなるといいたいところだけれど、そうでない人もままいるもので。(((^^;)

 月末には県大会があるとのこと。
 今年の開催場所はお泊りなしの八戸市。(笑)

 県大会でも頑張ってきてね。 (#⌒∇⌒#)ゞ
 紙面に活躍した記事が載るのを楽しみに待っています。


 さて、昨日も書きましたが、大坂なおみ選手の快挙ネタです。
 見た方もいたと思いますが、朝、モーニングショーに神和住 純氏が出ていた。
 石田純一がテニスをやっているという感じの人で、若い頃はそれなりに人気のあった人でした。
 
 それが、見るからに年相応になっていて、本当におじいちゃん然としていてビックリ。
 御年71歳だそうです。

 それでも、その場にいたコメンテイタ―の「すみなんとか」というおばさん弁護士は、私たちの時代のスターだったんですって、目をうるうるさせていたな。(笑)
 
 自分がテニスを少しやっていた頃のスター選手といえば、エドバーグ、ベッカー、日本選手で言えば松岡修造。
 
 子供に、「修造」って付けるテニス好きの親もおりました。

 表彰式でブーイングの元となった抗議の場面が映っている画像が見たいと思っていたのですが、やっと見つけました。
 ESPNの画像のようですね。
 とここでアップしようと思ったら、朝見られた画像が今は見られなくなっているようですな。

 一言で言えば、あれだけ元女王が罵りの言葉を審判に向け、ののしるという異様な雰囲気の中で、彼女は平常心を持ってよく戦ったな、というのが見た感想。

 そして、ペナルティが課された相手が不貞腐れまくる中、会場の雰囲気も最悪。

 それでも勝つというハートの強さ。

 彼女はインタビューでよく我慢という言葉を使いましたが、それは剣道でも同じこと。
 我慢して攻める、打つべき時が来るまで我慢しながら攻め、相手が我慢しきれず打ってきたら、そこを仕留める。
 
 そして、心を平静に保ち、平常心で試合に臨む。

 全てのスポーツに通ずる見本でありました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ

ぽちっとお願いします<(_ _)>

十和田ネタ満載ブログです

ぽちっと押していただき、アクセスランクが上がると、ブログ更新の励みになります。

プロフィール

セニョちゃん

Author:セニョちゃん
筆舌につくしがたい腰痛、治療、そして整体を学び、それを生業としての整体生活が十和田市で始りました。
地域密着施系のカズ整体院です。
整体に限らず幅広い情報を発信していきます。
どうぞよろしく。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR