FC2ブログ

2018.9.21 それ、本当に大丈夫ですか

 またぞろ、十和田市に高齢者たちを狙った悪質健康機器販売会社が来ている。
 場所を貸す方も貸す方だけれど、それをありがたがって群がる人がいるから、そういう業者もまた何度も立ち寄る。

 今回のは、磁気治療器の類。
 コメリに来ているのだそうな。

 いつものとおり、毎日通えば、血流がよくなるとか、カラダの痛みが消えるとか。
 しかも、お値段タダ。

 お友達を連れてきてねってだけ。
 そして、この友達を誘ってというのが曲者。

 誘う方には悪気なんてないから。
 暇だったら、一緒にどう?タダだし。

 中には膝が痛くなくなったなんて人も出てくるわけですよ。
 そうなると集客は加速する。(笑)

 そうして、店仕舞いするとなったとき、危機感をあおって一気に高額な機器を販売する。
 小金持ちの高齢者たちは、ポンと100万払ってしまうわけ。
 そうして、大体東京とかそういうところにいる子供が帰省した時、
 「お母さん、なにこれこの機械?」となって、子どもたちとのバトル、そして、罵り合いに発展する。

 大体、そういう機械を買っても毎日使う人って、そうそういないし。
 そもそも、本当にそういう機械が体に効くのであれば、痛みが取れるのであれば、どこの家庭にも一台常備されていますからね。

 そうはなっていませんから。

 そして、この手の機会の販売にありがちなのが、割賦販売。
 高齢者だと利用できないと思われるのだけれど、どういうやり方なのか審査は通ってしまうらしい。(((^^;)


 で、こういうのがあるけど、センセどう思うって聞かれるわけですね。
 100万あって、どうしても治したいんだったら、ウチ来なって。(笑)
 一生見てあげるから。

 で、磁気の人体に及ぼす影響って、日本はあまりうるさく言われていないけれど、いろいろ問題があるって言われてますからね。なんて話を知りうる範囲で話すと、以前、農協でも軒先を貸していた時があったけれど、治療器具で心臓発作のダメージを受けた人がいたらしく、以後軒先を貸すことはなくなったという話をしてくれました。

 そういう話を知っていて、どう思う?って聞いてくるんだから。┐('~`;)┌


 そして、もう一つ。
 こういう話をしていると、私は、一つの基準として、WHO 世界保健機関が認めているかどうかを物差しにしている、という人がいたりする。

 悪口を言いたくないけれど、世界の健康を守っているかのごとく想像してしまうけれど、あそこほどスポンサー企業に慮っているところもないわけですよ。
 日本のとある健康食品を商うスポンサー企業が現地を訪れると、白バイの先導がついて、バスを道案内してくれるんだと。

 それだけ有難いスポンサー様、てとこなんですよ。
 どんな公的機関だよって。(笑)

 当然、そういう企業の扱っている薬や商品には甘くなったりするわけ。
 
 血圧の基準値の変動をごらんなさいって。

 皆、降圧剤飲まなきゃならなくなりますよ。
 
 信仰も程々にね。(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ

ぽちっとお願いします<(_ _)>

十和田ネタ満載ブログです

ぽちっと押していただき、アクセスランクが上がると、ブログ更新の励みになります。

プロフィール

セニョちゃん

Author:セニョちゃん
筆舌につくしがたい腰痛、治療、そして整体を学び、それを生業としての整体生活が十和田市で始りました。
地域密着施系のカズ整体院です。
整体に限らず幅広い情報を発信していきます。
どうぞよろしく。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR