FC2ブログ

2018.11.5 そこまでやるの糖質制限な食事指導

 寒くなると、鍋物や汁物が食べたくなります。
 先々週は鳥汁。
 先週は豚汁。
 うちは、汁続きな日々です。

 味噌味に高野豆腐があわないとは申しませんし、醤油味の魚汁には豆腐だよねというのもうなずけるのですが、やはりというかお約束というか。

 醤油仕立ての鳥汁に入れるのは、高野豆腐を細長く切ったやつを大量に投入するし、味噌仕立ての豚汁に入れるのは木綿豆腐。
 
 これがうちの定番です。
 定番ですと言いながら、豚汁を食べている最中、何か足りないと思いつつも平らげた後、食べ終えた後で、豆腐を入れ忘れたということに気づき、食後に豆腐を追加投入したりするアラフィフの料理人がいたりするのですけどね。(笑)

  
 深夜食堂の定番は、ご飯と豚汁でしたね。
 さる、情報番組によれば動物性の脂肪と糖質の御飯の組み合わせが太るということのようだけれど、これはこの時期黄金の組み合わせですからね。
 それよりも体に悪いものはいっぱいあるから。

 特に日本は、食品添加物にと代表されるあれこれや防腐剤の類とかさ。┐('~`;)┌

 先日お見えになられた患者さんが、メタボ検診に引っ掛かり、運動に併せて食事指導を受けるようになったと。

 そこで受けた食事指導は、というと。
 普段食べる朝食メニューを上げよといわれ、ご飯、みそ汁、焼き魚、納豆、少々の副菜ですと答えたら、

 タンパク質がダブっていますから、焼き魚か納豆のどちらかをカットしましょうと、そして朝食では糖質を制限したいのでご飯は抜きましょう、と言われたそうな。

 本当ですか?それ。
 聞き返しましたが、そう指導されて、現在に至るまで、朝と夜の御飯は抜いているそうな。
 
 お米食べないで生きていけるのかな。
 一時的に体重は搾れたとして、いつまでそういう食事を続けていくのかな。
 もろ、無理なダイエットを強いている様にしか聞こえないのだけれど、本当にそういう指導って正しいのかね。

 まだその方は40になりたてな人なので、食事制限よりも運動をしっかりやらせる方が効果的な気がするのですが、えてしてそういう食事指導をする栄養士さんと運動は結び付きにくかったりするのが世間の相場。
 食事の方はこんな無理を強いるのに、運動の方ではきちんと指導できていなかったりします。

 そういうバランス感覚を持った指導が必要なのではないですかね。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ

ぽちっとお願いします<(_ _)>

十和田ネタ満載ブログです

ぽちっと押していただき、アクセスランクが上がると、ブログ更新の励みになります。

プロフィール

セニョちゃん

Author:セニョちゃん
筆舌につくしがたい腰痛、治療、そして整体を学び、それを生業としての整体生活が十和田市で始りました。
地域密着施系のカズ整体院です。
整体に限らず幅広い情報を発信していきます。
どうぞよろしく。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR