FC2ブログ

2018.11.6 五本指ソックスの効能

 剣道をする人は、腕っぷしが太いというのも特徴なのだけれど、もうひとつ脹脛の筋肉が他の人よりも発達しているというのも特徴の一つかと。
 因みに、このブログの筆者であるワタクシも腕っ節の太さと脹脛の太さはそれなり。

 でも、この人の脹脛には驚いた。

 剣道西村氏の脹脛の筋肉画像

 多分、この盛り上がりは、腓腹筋だと思うのだけれど、四角くなっているんだもん。
 腓腹筋って、発達するとこんな風に変形するんですね。(´・ω・`)

 スキニータイプのジーンズが履けないってこぼしていたけれど、それは皆、同じことです。
 自分レベルですら、太い太腿をクリアしても、脹脛がつっかえて履けない・脱げないというのはざら。┐('~`;)┌


 因みに、脹脛の筋肉というのは、昔よく言われていたのは、スプリンタータイプの短距離走を走る選手は太いけれど、マラソン等の長距離走を走る選手の脹脛は細いというのが定説でした。

 ところが、最近の海外の短距離選手たち。
 特に黒人系の選手たちというのは、それほど脹脛が発達しておりません。
 そういうダッシュ系の走法とは筋肉の使い方、走り方が根本から異なるが故、脹脛の筋肉を発達させずとも速く走れるのだという説を唱える方もいますね。
 体幹とか、腸腰筋の筋肉がそもそも違うとか。


 でも、これだけ太い脹脛なら、「筋ポンプ」で血液を下から上に押し上げるのには何ら不自由しなさそう。(笑)
 はい、将来寝たきりになる確率が高まるかどうか、を簡易で判定する筋力テストというのがあります。
 
 『輪っかテスト』という名称です。
 人さし指と親指で輪っかを作り、脹脛の一番太い部分にされを嵌めてみて、スカスカ状態になるようだと要注意というテストなのですが、剣道を一定年数やった人たちというのはやる前からわかっていますよ、レベルな話。

 「柏スタディ」で検索していただくとより詳しい情報が見られます。

 
 脹脛な話が長くなりました。
 メインな話です。
 五本指ソックスの話です。

 
 先日来院された方が、弟さんが登山する際に登山経験者の方から、分厚いソックス、というよりは五本指ソックスがおススメだよ、とアドバイスされたのだそうな。
 で、アドバイス通りにスポーツショップで五本指ソックスを買い求め、登山したら、とても歩きやすかったという話を聞き及んで、当院のディスプレイにある五本指ソックスに目が行き、一つ買ってみたくなった、とのこと。


 「はっきりいって、こいつは、弟さんが買い求められた五本指よりも「効き」が違いますぜ、お客さん」
 というのは、私の言葉。(笑)

 先日の渓流ウォークでね爪が剥がれずに今に至っていますから、という話は当然にした私。(*^o^)/\(^-^*)
 今回も覚悟しましたよ、ずぶ濡れの靴で指もふやけまくりでしたから。
 
 五本指ソックスでしっかり踏みしめて歩く、というこという効果は、登山の場でも有用ということがわかりました。
 私も登山の足に是非、というおススメトークにも使わせていただきます。ヽ(^o^)丿
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ

ぽちっとお願いします<(_ _)>

十和田ネタ満載ブログです

ぽちっと押していただき、アクセスランクが上がると、ブログ更新の励みになります。

プロフィール

セニョちゃん

Author:セニョちゃん
筆舌につくしがたい腰痛、治療、そして整体を学び、それを生業としての整体生活が十和田市で始りました。
地域密着施系のカズ整体院です。
整体に限らず幅広い情報を発信していきます。
どうぞよろしく。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR